「わからない!」と感じる問題に出会ってからが、本当の勝負です。

5月も「中旬」です。

 

ゴールデンウィークも終わり、「1学期」も本格的に進んでいっています。

 

新年度の環境にも、そろそろ、だいぶ慣れてきた頃ではないでしょうか。

 

逆に、連休明けのきっかけで、4月の疲れがどっと出る時期でも、あるかもしれません。

 

無理なく、しかし着実に、学習も進めていきましょう。

 

 

5月上旬のアドバンスクラスでは、四谷大塚さん「全国統一小学生テスト」の対策授業をおこなっています。

 

5月第1週、2週のアドバンスクラスでは、

6月5日に開催される、四谷大塚さん主催の「全国統一小学生テスト」に向けた対策授業をおこなっています。

 

特に、1年生の皆さんにとっては、

慣れないテスト形式の問題演習は、「難しい」と感じたかもしれません。

 

ある程度、テスト形式の問題に取り組んでおくことで、

初めて取り組んだ時との「違い」を感じることができるかもしれません。

 

 

「わからない!」となったときに、どうするかが大事です。

 

特に、応用的な問題であればあるほど、

パッとみた時に「???」と感じることも多いかもしれません。

 

そんな時に、どうするか?が、

学ぶ姿勢を作る上では大切です。

 

 

すぐに「わからなーい!」と言って、さじを投げてしまっては、

そこからの「学び」や「成長」はありません

 

 

一見して分からない問題であっても、

じっくり、落ち着いて問題を読んでいけば、

 

「なるほど、そういうことか!」

と、問題の本質をつかむことができることも、たくさんあります。

 

なぜならば、

そんな問題が理解できるための「基礎」の力を、

これまでに着実に身につけてきているからです。

 

 

反射的に「わからない!」となってしまう。

これでは、「考えること」を投げ出していることになってしまいます。

 

大切なのは、「わからない!」となってから。

 

そこで、「ポイっ」と問題を解くことを投げる人や、

解答のステージから「おりる」人もいるでしょうから、

だからこそ、そこで「ねばり強く考える」姿勢こそが、次に進むための一歩です。

 

 

アドバンスクラスとご家庭での学習を1年も続けていると、

そうした「ねばり強さ」も身についてきます。

 

アドバンスクラスのお教室で、

一つひとつの計算や言葉の学習に加えて、

「わからない」となった時の、効果的な反応の仕方、対応の仕方も、

あわせて、勉強していきましょう。

 

 

次回のお教室でも、

ひとつひとつの問題に、

じっくり、向き合っていきましょう。

 

アドバンスクラス 四ツ谷教室

四ツ谷教室の詳細はこちら

体験教室へのお申し込みはこちら

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。