「?」を「!」に変えること。

明日から、6月がスタートします。

 

これから、雨がちな季節がやってきます。

 

お外で遊べない時こそ、

お部屋の中での学びに取り組む、良いチャンスです。

 

もちろん、「教科書や参考書を開くことだけが勉強」というわけではありません。

 

むしろ、

教科書や参考書に書いてあることを「学びのきっかけ」にして、

 

そこに書かれていない内容へと、どんどん、学びを深めていきましょう。

 

 

「教科書や参考書に書かれている内容がテストに出るわけであって、それ以外のことを覚えるのは「無駄」なんじゃないの?」

 

という疑問が、わくかもしれません。

 

 

ですが、

 

実際のところ、

教科書に書かれていることや、

参考書の太文字を覚える、ということに終始する勉強こそ、

 

学びの効果を考えると「微妙」だったりします。

 

そして、

完全な脱線に思えるような「学びの寄り道」が、

 

頭の中に、

自作の「学びの地図」を作っていくことにもつながります。

 

 

そして、

そういった、いわゆる「探究的な学習」というのは、

 

勉強が「好き」という状況になっていればこそ、取り組めるものなのです。

(勉強の内容に、さして興味もないのならば、他のことをして遊んでいることの方が、よっぽど楽しいでしょうから。)

 

 

「わが子は、そんなに勉強に興味を持っていないようだ。」

というお父さま、お母さま、

 

嘆くことはありません。

 

勉強に興味を持つような「仕掛け」を用意すれば、

徐々に、学びに興味を持てるようになるかもしれません。

 

 

具体的には、

学びに関連する「なぜ?」という疑問が、湧き上がってくるようにするということです。

 

お子さまの「なぜ?」という疑問は、

自発的に学びに向かう原動力として、大切に取り扱い、

親子で、一緒に考えていけるといいでしょう。

 

あるいは、逆に、

お父さま、お母さまから、

具体的な「なぜ?」という質問をしてみることで、

お子さまに、疑問を持ってもらうこともできるでしょう。

 

 

「よく分からない」という状態は、

正直なところ、あまり心地が良くないものです。

 

だからこそ、

その心地の悪さを解消する手段として、

ひとつひとつの学習が存在します。

 

たくさんの「モヤモヤ」を、

「なるほど!」というスッキリ感に、変えていくのが、

「学ぶ」ということなのかもしれません。

 

 

ぜひ、

ご家庭の中でも、

たくさんの「なぜ?」「どうして?」を、認識できるようにして、

それらの疑問を、大切にしていってください。

 

アドバンスクラス 四ツ谷教室

四ツ谷教室の詳細はこちら

体験教室へのお申し込みはこちら

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。