今年は「丑年」と、いうことで、干支(えと)について、考えてみましょう。

お正月、いかがお過ごしでしょうか。

 

私は、お正月2日目の今日は、

ゆったり、お部屋の中で過ごしていました。

 

今日が、土曜日であることも、さっきまで気がつきませんでした。

 

お教室も休みだった今週末、

 

力を蓄えて、

明日から、本格始動です。

 

 

 

今年は、「丑年(うしどし)」です。

 

年賀状や、お正月のポスターや広告などで、

今年が「丑年」だということは、よく知られたことでしょう。

 

今年は、なに年?という時に出てくるのは、

12年でひと回りする「十二支(じゅうにし)」によるものです。

 

昨年の「子(ねずみ)年」をスタートとして、

今年の「丑(うし)年」

さらに、来年以降の

「寅(とら)年」

「卯(うさぎ)年」

「辰(たつ)年」

「巳(へび)年」

「午(うま)年」

「未(ひつじ)年」

「申(さる)年」

「酉(とり)年」

「戌(いぬ)年」

「亥(いのしし)年」

と続くのが、「十二支」です。

 

この「十二支」にまつわるお話としては、

「お正月に、神様に挨拶をしにいった順番で十二支が決まった」という昔話が有名で、

「聞いたことがある」という人もいるかもしれませんね。

 

そんな「十二支」ですが、

年を12年でひと回りするだけでなく、

1日(24時間)を12分割した(2時間ごとの)「時刻」にも割り振られているのをご存知でしょうか。

 

かつては、

「(夜の)12時」といった呼び方の代わりに、

「子(ね)の刻」という呼び方がなされていました。

 

より正確には、

23時から翌1時までが「子の刻」で、

そのちょうど真ん中である0時(24時)を「子の正刻(せいこく/しょうこく)」と呼んだそうです。

 

そして、1時から3時までを「丑の刻」

3時から5時までを「寅の刻」というふうに、

2時間ごとに、干支が割り振られて時刻を呼んでいました。

 

このことを知ると、

小学校の時刻の学習で習うことの「謎」が、ひとつ解けます。

 

先程の「寅の刻」以降を順に並べていくと、

5時から7時が「卯の刻」

7時から9時が「辰の刻」

9時から11時が「巳の刻」

11時から13時が「午の刻」となります。

 

そして、12時が、「午の刻」のちょうど真ん中、つまり「正刻」です。

「午の正刻」だから、それを「正午(しょうご)」というのですね。

 

学校では習いませんが、

同様に、夜の0時つまり「子の正刻」を「正子(しょうし)」とも呼びます。

 

 

もう一つ、干支には「方角」を表す意味もあります。

 

東西南北の方角を一周すると、(円の一周である)360°ですから、

それを、12で割ると、それぞれの干支ごとに30°の方角が割り振られることになります。

 

北が「子(ねずみ)」、東が「卯(うさぎ)」、南が「午(うま)」、そして西が「酉(とり)」となります。

 

そうすると、八方位でいうところの「北東」「南東」「南西」「南東」が、

それぞれ「丑と寅」「辰と巳」「未と申」「戌と亥」のちょうど境目ということになります。

これらの方位は、それぞれ「丑寅(うしとら・艮)」「辰巳(たつみ・巽)」「未申(ひつじさる・坤)」「戌亥(いぬい・乾)」と表現しました。

 

実際に、東京都江東区の「辰巳」は、

皇居から見て南東に位置するから、そのような名前がついていたり、

 

「都の西北」から始まる校歌が有名な早稲田大学ですが、

系属である早稲田実業学校の校歌「都のいぬゐ(=い)」となっています。

歌詞は違いますが、意味するところは、どちらも同じ方角です。

 

これらも、意味がわかれば、「なるほど」となりますね。

 

 

また、社会科で学習する「時差」の学習において、

 

「本初子午線」は、イギリスのグリニッジ天文台

日本の「標準時子午線」は、兵庫県の明石市(東経135°)ですが、

 

この「子午線」というのが、

子(=北)から午(=南)に引いた線

つまり、経線を意味していることもわかります。

 

こうした、言葉の意味を理解しておくと、

より、深く理解ができることでしょう。

 

 

 

今回は、干支に関連した学習内容について触れてみました。

 

「十二支」だけに限らず、

ぜひ、ご自宅でも、

身の回りの物事から、学校での学習につながるものはないか、探してみてください。

 

アドバンスクラス 四ツ谷教室

四ツ谷教室の詳細はこちら

体験教室へのお申し込みはこちら

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。