休校期間中、最優先で守れるようにしたいこと。

小学生のみなさん、

学校からの課題は、順調に進んでいるでしょうか。

 

ゴールデンウィーク明けから、学校が再開するということを想定すると、

いま、学校と同じ時間割で学習を進めていくのが理想的です。

 

とはいえ、

「家にいたら、そんなにみっちり勉強なんてできない。」という子もいるかもしれません。

 

そんな子にも、「これだけは」という、

休校期間に押さえておいてほしいことがあります。

 

 

休校期間でも、「これだけは」。

 

いま、最低限これだけは整えておきたいこと、

それは、

「朝の起床時間」です。

 

平日のスケジュール通りの起床から、朝をスタートする。

 

たとえば、

これまで、学校にいく時には6時半に起きていたとします。

 

もし、そうであれば、

「6時半の起床」を、休校中の今も維持していくことが大切です。

 

なぜなら、

いざ、学校が再開した時に、

 

「朝起きれない」

あるいは、

「朝の目覚めが悪い」

ということが、

午前中の学習リズムに影響するからです。

 

 

朝、スッキリ起きられないと、

 ↓

午前中の、授業に集中できなくなります

 ↓

すると、授業での学習効率が、低下します。

 ↓

結果的に、勉強の内容が「わからない」となってしまいかねません。

 

学校にいっても、授業に身が入らず、勉強が苦手になっていくと、

 ↓

時間が経つにつれて、その「苦手」はさらに拡大するでしょうし、

 ↓

場合によっては、それが学校に行きたくなくなる原因の一つにもなりかねません。

 

学校に行かずに、効果的に学習を積み上げていけるかどうか、については、

今の、休校期間の状況で、判断できるはずです。

(もちろん、休校期間こそ、日中を効果的に活用できている子もいます。)

 

 

いつから、学校が再開できるかは、まだ判然としていませんが、

いずれにせよ、来たる学校の再開に向けて、

「朝の生活リズム」は、最優先で整えておく必要があります。

 

 

 

「朝起きられない」最大の理由。

 

もし、休校中のお子さまが朝起きられないとしたら、

 

その最大の原因は、

「就寝時間が遅い」ということです。

 

もちろん、個人差はあるでしょうが、小学生のお子様なら、

睡眠時間は9時間は確保しておきたいところです。

 

あるいは、

朝、起きたい時間に目が覚めないのであれば、

起きたい時間に目がさめる時間には、就寝をするように心がける必要があります。

 

 

翌日の朝に予定が入っていないと、

ついつい、「夜ふかしをしてもいいや」という気になりがちですが、

 

それを続けると、徐々に、朝が遅くなっていきます。

(一説には、人間の体内時計は1日25時間ほど、とも言われているので、好きな時間に寝て、好きな時間に起きる、という生活をしていった場合、1日で1時間ずつ起床時間が遅れていく可能性すらある、ということなのです。)

 

そうならないためには、

朝、決まった時間に起きて体内時計をリセット(日の光を浴びることで体内時計がリセットされる、と言われています)することが必要です。

 

また、そのためにも、

夜は、決まった時間に就寝をするようにしたいものです。

 

 

どれだけ、ゲームやテレビ、YouTubeにハマっていたとしても、

読み進めたい本があったとしても、

夜はしっかりと寝る、ということを心がけてください。

 

 

充分な睡眠時間をとることで、

免疫力も高まり、健康な毎日を維持することも可能です。

 

 

まずは、毎日の就寝と起床のリズムを整えて

その上で、定期的な学習を習慣化させていきましょう。

 

学童型 学習教室 「四ツ谷アドバンスクラス」

四ツ谷アドバンスクラスの詳細はこちら

四ツ谷アドバンスクラスへのお申し込み・お問い合わせはこちら

アドバンスクラス 高田馬場教室

高田馬場教室の詳細はこちら

体験教室へのお申し込みはこちら

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。