冬休みも、もう終盤。新学期が始まる前の、冬休みのうちから意識しておきたいこと。

本日で「正月の三賀日」も終了です。

 

明日から、さっそく「平日」というお父さま、お母さまもいらっしゃることでしょう。

 

 

小学生の皆さんの「冬休み」は、もう少しだけ

 

ですが、

年末から、大晦日、そしてお正月休み、ときて、

起床時刻、就寝時刻が遅くなってはいませんか。

 

 

人間の「体内時計」においては、

1日が25時間くらいになっているそうです。

(お母さんのお腹の中にいるときは、そのリズムで寝起きをしていたりしたそうです。)

 

ですから、

その体内時計のリズムにしたがって、

「眠くなったら寝て、起きたくなったら起きる」という生活をしていると、

 

1日で、1時間ずつ起床時刻、就寝時刻がずれていく(遅れていく)可能性がある、ということになります。

 

 

そこまで極端ではなくとも、

いつの間にか、寝る時刻が遅くなり、起きる時刻も遅くなる、というのは、

ある意味、自然なこと、とも言えるのかもしれません。

 

 

ですが、

自然に任せて生活をしてしまうと、

困るのが、「休み明け」の新学期です。

 

 

 

朝起きられなくて、学校をお休みしてしまう。

そのまま、学校をお休みしがちになってしまう。

 

こういったお話を耳にすることもあります。

 

 

長期的に学校をお休みするお子さまの話を聞くと、

昼夜逆転がセットになっていることが、思いのほか多いです。

 

 

 

学校生活のみならず、

日中に有意義な時間を過ごすためには、

「起床時刻」そしてその前の「就寝時刻」の管理が必要不可欠です。

 

それは、休みの日であっても、同様です。

 

 

休みの日、ついつい朝寝坊してしまいがちだからこそ、

あえて、「早寝早起き」を心がけることが大切です。

 

 

ご家庭の中では、「消灯時刻」を決めておくことがオススメです。

 

 

理想的な就寝時刻は、

小学校低学年…20:00

小学校中学年…20:30

小学校高学年…21:00

です。

(起床時刻としては、6:30前後を想定しています。)

 

なお、子供だけではなく、大人も就寝時刻を決めておくことが望ましく、

起床時刻から逆算して、7時間半前を就寝時刻とするのが良いでしょう。

 

色々とあると、「そうはいかない」時も、もちろんあるでしょうが、

理想的なルールを決めておいて、それを守れるように毎日の生活を組み立てることができると、

日中の質が格段に高まります。

 

 

睡眠時間を削ることは、1日の成果を最大化できるのか。

 

私自身、(実家で暮らしていた)学生時代は、上記の消灯時刻が決まっていたわけですが、

その時は、

「自分より、人の方が毎日頑張っている。」

「睡眠時間を削ったほうが、1日の時間が増えて、できることがアップするはずだ。」

と思っていました。

 

そんな「負い目」から、

親元を離れ、「睡眠時間を削って頑張ろう」とした時期があったのですが、

結果的に、その時期は、大きな成果をあげることもできず、むしろ「うまくいかなかった」時期でもありました。

 

ある時から、あらためて「寝る」ことにこだわり、

その結果として、毎日の質が良くなり、

今に至ります。

 

 

「寝る」「寝ない」の両方を経験した身としては、

「十分な睡眠」を強くオススメします。

 

 

ですから、小学生のみなさんも、

冬休みのうちから、あえて「就寝時刻」「起床時刻」にこだわって、3学期の準備をしてみてください。

 

 

気持ちよく、新学期のスタートを迎えられるはずです。

 

アドバンスクラス 四ツ谷教室

四ツ谷教室の詳細はこちら

体験教室へのお申し込みはこちら

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。