学びのバッドスパイラルを好転させるための方法を思考中です。

どのようにしたら、勉強を楽しむことができるか。

 

今日は、あらためて、

こんなことを、ひたすら、考えています。

 

「勉強が楽しい」なら、

「勉強が好き」になる。

 

「勉強が好き」ならば、

ストレスなく、どんどん学習に取り組むことができるようになる。

 

学習に取り組めば取り組むほど、

ますます、勉強が「できる」ようになる。

 

勉強が「できる」ようになれば、

さらに、「勉強が楽しく」なる。

 

 

お子さまが、こんなプラスの循環にあるならば、

あとは、適切な教材(題材)学習する環境さえ維持していけば、

ほぼ、自動的に学習を積み重ねていくことができます。

 

 

問題は、その反対の場合です。

 

「勉強がつまらない」なら、

「勉強が嫌い」に。

 

「勉強が嫌い」なら、

その勉強に取り組むことが、まず、ハードルになってしまいますし、

学習は取り組まない限りは、力がつくことはありません。

 

勉強の「わからない」が、勉強の「苦手意識」を作り、

結果的に、それが勉強を「つまらない」と思うことにもつながります。

 

これは、「勉強全般」に言えることかもしれませんし、

人によっては、「科目」ごとで違うかもしれません。

(例えば、「算数は得意で好きだけど、国語は苦手だから好きじゃない」といったように。)

 

「勉強が好き」で、取り組みが好循環になっている場合は良いですが、

もし、「勉強が苦手」で、学びのバッドスパイラルにおちいっている場合は、

どうすれば良いのでしょうか。

 

 

苦手でも、ちょっと億劫に感じていても、

とにかく継続して取り組んでいけば、少しずつ、「できる」ようになっていくのかもしれません。

 

「できない」から「できるようになった」経験は、

今後、何かに挑戦する際にも役に立つ、ひとつの「成功体験」になることでしょう。

 

 

あるいは、

今の自分自身で「できる」適切なレベルの問題に取り組んでいくことで、

「自信」がついて、いつの間にか、学ぶ力もついている、ということも、あるかもしれません。

 

 

今までは気づかなかった、勉強の「魅力」に気がつくことで、

いっきに、勉強が「好き」に変わるかもしれません。

 

 

どこから、好循環へと転じることができるかの、「解決策」は、

生徒の数だけ、答えがあることでしょう。

 

そして、その「答え」は、

簡単に見つけ出せるようなものでも、ないかもしれません。

 

勉強が「好き」に転じるタイミングは、

「今日」かもしれませんし、

「今日」ではないかもしれません。

 

 

でも、どちらにせよ、変わらないことは、

子どもたちにとっての、「好き」のきっかけを、

様々な方向から、探り続ける、ということです。

 

 

たとえ、変化が訪れるのが、今日ではなくても

明日でも、1週間後でも、1ヶ月後でも、あるいは1年後でも、なかったとしても、

 

「その日」が、いつ来てもいいように、

いつでも手に届くところに「きっかけ」を置き続けること。

 

 

そして、無理強いすることなく、「きっかけ」を届け続けること。

 

 

それが、今の私が考えうる、「できる限りのこと」なのかな、と思っております。

 

 

さらに学びが加速するための「引き出し」は、

まだまだ、他にもあるように思います。

 

そんな、より多くの「きっかけ」の引き出しを、

どんどん、増やしていきたいですし、

 

もし、新しい発見があったら、

ブログでも発信していきたいです。

 

アドバンスクラス 高田馬場教室

高田馬場教室の詳細はこちら

体験教室へのお申し込みはこちら

学童型 学習教室 「四ツ谷アドバンスクラス」

四ツ谷アドバンスクラスの詳細はこちら

四ツ谷アドバンスクラスへのお申し込み・お問い合わせはこちら

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。