学校の勉強が「簡単すぎてつまらない」という人に。授業の楽しみ方のヒントをご紹介します。

学校のお勉強が「つまらない」という人に。

 

今日、たまたま、幼稚園時代に一緒にお勉強をしていた子に会いました。

 

「学校は楽しい?」と聞くと、

「つまらない。」と言います。

 

聞けば、

「(授業の内容は)自分にとっては、ずいぶん前から知っている、分かりきったことなのに、それを今さら授業でやっても面白くない。」

ということでした。

 

 

確かに、

幼少期から、しっかりと学習をする習慣を身につけ、

着実に学びを積み重ねているならば、

 

学校で習う授業の内容は、

「もう知っていること」となることも多いことでしょう。

 

 

そんな時に、

「つまらない」と感じるのは、とても正直な心の反応ですから、

「そんなふうに思ってはいけない。」とは思いません。

 

 

自分の中で、わかり切っていることを延々と聞かされるような授業だったら、

「何のために?」と苦痛に感じのも、無理はありません。

 

 

ただ、それは、

学校での授業を「教えてもらうもの」という、受け身の姿勢で捉えているからこそ、起こる反応です。

 

 

もし、学校の授業を、

 

「自分が、この授業を実際に教えるとしたら、」

という視点で考えながら聞いてみると、

 

「なるほど、そういうふうに説明すればいいのか。」

という発見があったり、

 

逆に、「今の説明は、こういう風にも言い換えることができるな。」

という風に感じたり、

 

すると思います。

 

 

学校の授業が「簡単すぎてつまらない」という人は、

ぜひ、「教える側の」レベルで、授業に参加してみましょう。

 

 

それは、

小学校、中学校レベルを通り越して、

 

「先生」を志したお兄さん、お姉さんが大学生になって、

ようやく意識し、学び始めるのが「一般的」なレベルです。

 

さらに言えば、

先生視点で授業を受けるのは、

先生になってからでも、ずっと取り組めることで、

 

その学びには、終わりがありません。

(この道何十年、というベテランの先生がたも、日々、より良い学びを届けるために、と学び続けれいらっしゃいます。)

 

つまり、

小学生にして、「先生レベル」のお勉強をすることにも、なるわけです。

 

 

学校のお勉強が「かんたん」と思って、退屈しているのであれば、

どうせなら、このレベルまで到達して欲しい、と思っています。

 

 

そうすると、

勉強の教え方も身につけることができますから、

クラスの中で、「小さな先生役」をする機会が、たくさん回ってくるでしょう。

(お友達や先生に「指名」されるようになります。)

 

 

勉強の内容がわからないお友達に、勉強を教える、ということは、

「新しいことを、1から教える」という手順に沿って、説明をすることになります。

 

これは、ゆくゆく、

難しい学習単元を「自分で学んでいく」時の練習をすることにもなっています。

 

 

そうすると、

新しい勉強を進めていくのが、ますます、スムーズになっていきます。

 

 

繰り返します。

学校の授業の内容がわかっているすべての小学生は、

せっかくですから、

「先生レベル」を目指してほしいと思っています。

 

 

なぜなら、

それが、「個別最適化をされた学び」すらも上回るような刺激を提供してくれるからです。

 

 

運が良ければ(担任の先生の裁量にもよりますが)、

お友達に勉強を教えるために、授業中に机を立ち歩くことを半ば公認され、

最終的には、1コマまるまる授業を持たせれもらえるようになるかもしれません。

 

私自身、

担任の先生に恵まれ、小学生の時には、そのような経験をさせてもらえました。

 

断言しますが、

こうなると、ただ授業を受けているときよりも、100倍、面白いです。

 

やってみるとわかります。

 

ぜひ、そのレベルを目指してください。

 

 

ささやかなおまけとして、発展学習の理解も、さらに深まります。

 

アドバンスクラス 四ツ谷教室

四ツ谷教室の詳細はこちら

体験教室へのお申し込みはこちら

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。