文章を読む力を「劇的に」つける秘訣は、小学校の「宿題」にもあり。

またまた、都内に大雪の予報だそうです。

 

1月に続き、明日、再び都内に大雪の可能性あり、だそうです。

 

これは、3連休の初日は「雪だるまづくり」からスタートか!?

などと思ったりもしますが、

 

浮かれてばかりもいられません。

 

 

果たして、明日、どうなるのでしょうか。

 

皆様、お出かけの際は、温かくしてくれぐれもお気をつけください

 

 

文章を読む「スピード」が速くなるための秘訣をお伝えします。

 

小学生の皆さんで、

少し難しい、発展的なテストの問題などに取り組んだ際に、

 

「時間内に全部の問題が解き終えられなかった」

という経験をしたことが、ある人もいることでしょう。

 

 

国語の文章読解の問題は、特にそうですが、

算数、理科、社会のテストも例外ではなく、

 

たくさんの文章を読んでから答える問題は、

「文章を読む速度」が、高得点をとるための「必要条件」となります。

 

 

文章を読む速度を早めるためには、どうしたら良いのでしょうか。

 

速読スクールにでも通えば良いでしょうか。

 

ひょっとしたら、それがひとつの解決策になるかもしれませんが、

よくある「速読」が、そのまま文章読解力につながるかというと、

決して、そうとは言い切れません。

 

ある「速読」の方法は、複数行、あるいはページ全体を捉えて、

その中で目に入ってくる情報を「キーフレーズ」として拾っていく読み方で、

いわば「斜め読み」「飛ばし読み」のようなものです。

時間当たりに入ってくる情報量は増えるので、「脳トレ」にはなりますが、

それがイコール読解力につながるわけではありません

もちろん、「速読」を通して、たくさんの活字に触れる、ということが、

文章読解力を伸ばす「きっかけ」になることもあるでしょうし、

目を使ったトレーニングが「読む力」を伸ばすこともあるでしょう。

 

ですから、「速読」を練習することも、なしではないです。

 

 

ですが、それよりも、

より根本的な「読む力」を伸ばすための方法があります。

 

 

それが、

小学生の皆さんが、日々やっているかもしれない「音読」です。

 

 

「え、そんなの宿題で嫌というほどやらされてるし。」

 

というお声が聞こえてきそうですが、

 

「やらされてる」というのでは、なかなか力にならないという不思議があります。

 

むしろ「もっとやってやろうじゃないの。」という前向きな、

もとい、前のめりな姿勢が大切です。

 

 

「音読」で「速読」をしてみる。

 

これが、今日のテーマの「結論」です。

 

ただページをパラパラめくっているだけの「速読」ではなく、

実際に文字を音声にしていく「音読」を、

可能な限り早くおこなう方法で取り組みます。

 

これで、文章を「なんとなく」読んだ気になって、

実際の内容は理解できていない、ということではなく、

そこに書いてあることを、正確に、もれなく読んでいく力が身につきます。

 

 

用意するものは、「教科書」と「キッチンタイマー(あるいはストップウォッチ)」です。

 

ちょうど今、学校で習っている単元でも良いでしょう。

国語の教科書が適当ですが、

目的は「活字の文章を音読すること」なので、理科や社会の教科書でも構いません。

 

そうやって考えたら、

必ずしも教科書である必要はないのですが、

だからと言って、コミック本などを音読しても仕方がないので(場合によっては、言葉の言い回しなどが不適切なものも存在するでしょう)、

「何を読めばよいか」に迷ったら、教科書を選んでおくのが無難です。

 

 

決めた箇所を、時間を測りながら音読していきます。

 

できれば、その際、お母さまあるいはお父さまが横にいて、

「読み間違いはないか」

のチェックができると良いです。

 

読み間違えたところは、必ず指摘をして、読み直してから次に進むようにします。

(こうすることで、漢字を読む力が劇的につく場合もあります。)

 

あとは、お子さまの競争心をあおる意味でも、

「お父さん(お母さん)と勝負」する形式でやると、盛り上がります。

 

もちろん、

小学生のお子さまと、大人が本気で勝負をしては、

勝負にならないでしょうから、

大人の側に「ハンデ」をつけます。

 

例えば、

「お父さんの読んだ時間は2倍(3倍)にする」などです。

 

これは、実際に一度読んでみて、適当なバランスを考えると良いです。

(親子それぞれの「速読力」と「滑舌」の問題があるので、一概に「大人が何倍」とは決められません。)

 

また、大人が音読をするときは、

お子さまが、読まれている箇所を「黙読」できるようにします

(これで、自分で音読をするときの半分以下の時間で、2回目の「読む」ができます。)

 

 

大人も、真剣にやるのがポイントです。

 

 

それから、

2年生以上の子であれば、

出てきた大人のタイムを「2倍」とか「2.3倍」するための計算を、

自力で(筆算で)やってもらうようにします。

 

ついでに時間の概念(分・秒)や、計算力も鍛えられます。

 

 

1日に読む分量は、

子どもが読んで3分もするような分量であれば充分でしょう。

(他の学習の時間もあるからです。)

 

要は「継続性」が大事です。

 

 

1ヶ月もやってみてください。

 

明らかに、読む力の「違い」を感じられるようになるはずです。

 

 

楽しく取り組めそうであれば、

ぜひ、お子さまと一緒に、「音読」に取り組んでみてください。

 

アドバンスクラス 四ツ谷教室

四ツ谷教室の詳細はこちら

体験教室へのお申し込みはこちら

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。