新学期、学校に行った後に、ぜひ、おこないたいことがあります。

今週からは、「通常であれば新学期」の週です。

 

地域や学校によって、

「通常どおり新学期スタート」の地域もあれば、

「ゴールデンウィーク明けまで休校」が決まっていたところも、

「一転休校に」というところもあるでしょう。

 

また、休校となった学校においても、

定期的に分散登校をする所も、あるかもしれません。

(非常事態宣言も間近、ということで、今後また状況が変わることもあるでしょう。)

 

 

さまざまな場合があることを踏まえて、

今回のブログは、「ともかく、新学期になって1度でも登校できる」皆様に向けて、

年度始めにぜひ行ってほしい大切なことをお伝えします。

 

 

新年度、ぜひ行ってほしいこと。

 

ズバリ、結論をお伝えすると、

 

「教科書の通読をしましょう。」ということです。

 

みなさま、あるいは皆さまのお子さまは、

新学期に、学校からもらってきた教科書を、ひととおり読んでいますでしょうか。

 

 

年度始めに全教科書を読み切る。

 

これは、新年度に、まずやっておきたいところです。

 

その上で、「今は、よくわからない」ところも確認しておきます

(つまり、「今、全部を理解しないといけない」というわけではありません。)

 

 

これは、いわゆる「予習」というものになるでしょう。

 

 

だいたい、教科書を受け取った、その日の午後からスタートをして、

その週末のうちには、教科書の通読ができるはずですが、

 

今年のような休校対応がなされていたら、

数日もあれば、読み切ることもできるでしょう。

 

もし、私が今、小学生だったら、

迷わず第一に、教科書を読みきっていることでしょう。

 

 

まれに、教科書や資料集を学校に置いておく「置き勉」システムがありますが、

そういう場合は、「持って帰っちゃダメですか?」と聞いてみましょう。

 

教科書や参考書を、

「学校に置いておいてもいいよ。」というのと、

「家に持って帰っちゃダメ。」というのは、

似ているようで、意味あいが全く違ってきます。

(正当な理由があって、「持って帰っちゃダメ」ということであれば、やむなし、ですが。)

 

毎回、授業があるたびに持っていくのは大変ですが、

新学期の最初だけ、自宅に持ち帰ることくらいは、できないことではないはずです。

 

 

動機は何であれ、今の時期に「通読」することはオススメなのです。

 

「その学年に習う内容の学習を、いち早く知っておきたい。」という意識さえあれば、当たり前のようになる「教科書の通読」ですが、

 

誰もが、そこまで学習に対して「前のめり」ではないかもしれません。

 

そんな場合に、新たなモチベーションを与えられるかもしれないのが、

 

「教科書の誤植を見つけたら、教科書会社からプレゼントがもらえる(らしい)。」

という都市伝説的な情報です。

 

「プレゼントがどのようなもの」であるかは、さして問題ではなく、

「教科書に誤植があるかもしれない」「それを見つけられるかもしれない」ということ自体、

ちょっとした「宝探し」感覚プラスされて、ワクワクします。

 

 

「教科書の通読」を、やるも、やらないもお子さま次第ですが、

 

もし、年度始めに教科書の通読をやっておけば、

その時点で、その一年の学習の、全体像が把握できるでしょう。

 

全部を読むのは無理だという人は、「目次」だけを読むだけでも構いません

 

それで、興味があるところだけ、目を通してみるのも良いでしょう。

 

 

4月の学習において、圧倒的に1番にオススメなのが、「教科書を通読すること」です。

 

学校の授業があっても、なくても、それは変わりません。

 

「そんなこと、これまでの学年ではやってこなかった。」という人は、

だまされたと思って、ぜひ、教科書をひととおり読んでみてください。

 

明らかに、クラスの中での学習における「ゾーン」が変わるのを体感できるでしょう。

 

 

そして、もし教科書の「誤植」を見つけたら、

教科書会社に連絡をするとともに、こっそり、私にも教えてくださいね。

 

学童型 学習教室 「四ツ谷アドバンスクラス」

四ツ谷アドバンスクラスの詳細はこちら

四ツ谷アドバンスクラスへのお申し込み・お問い合わせはこちら

アドバンスクラス 高田馬場教室

高田馬場教室の詳細はこちら

体験教室へのお申し込みはこちら

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。