明日は、またアドバンスクラスの日です。

ブログの更新が追いついていない中ではありますが、

早くも、明日はまたアドバンスクラスです。

 

明日のアドバンスクラスは、「国語スペシャル」です。

 

現在、アドバンスクラスでは、

「算数」と「国語」の2本柱で、学習指導を行っています。

 

 

近年、小学校でも授業が始まっている「英語」の学習についてのニーズがあることも事実ではありますが、

 

低学年時から、まずは、「算数」と「国語」の基礎をガッチリ固めることが、

中学受験に取り組むかもしれない小学校高学年においても、

さらには、中学、高校へと進学した上でも、

他の科目も含めて学習を着実に積み重ねる、大切な「土台」となってきます。

 

  

特に、英語との比較で国語を論じるとするのであれば、

特に小学生の時期においては、

「脳内で思考する際の言語」としても、(英語ではなく)国語の力をつけることが先決、であると考えています。

 

学校教育が目指している「思考力」「表現力」を身につける上では、

国語力の土台が必要不可欠です。

 

 

 

そして、

「国語力」の差は、

成人した後にも、有形無形の「差」となって現れているかもしれません。

 

 

普段から使っている母国語でもある「日本語」ですから、

「当たり前のように使いこなせている」という感覚になりがちですが(むしろ、そんな感覚であることにすら気づかないものですが)、

 

思いのほか、「奥が深い」のが日本語(国語)です。

 

特に意識せずに、義務教育を「通過する」だけでは、

到底、身につけきれたものではないのが「国語」という科目であるように思います。

 

 

反面、

「受験国語」の領域は、

中学受験レベルの段階でも、かなりのレベルに達しているように感じています。

 

そして、「国語(現代文)」という科目は、

小学校3年生レベルの問題を解く場合も、大学受験の問題を解く場合も、

活用する「公式」は基本的に同じです。

 

つまり、

小学生の時期から国語の学習を着実に積み重ねていくことは、

ひいては、早くも大学受験の準備を進めている、とすら言えるのです。

 

 

このように、学習を進める上での最重要科目とも言える「国語」に焦点を当てていくのが、

明日のアドバンスクラスです。

 

 

明日も、お教室で一緒にお勉強できるのを、楽しみにしています。

 

アドバンスクラス 四ツ谷教室

四ツ谷教室の詳細はこちら

体験教室へのお申し込みはこちら

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。