毎日の「ルーティン」は、達成のためのハードルを最低限に設定しましょう。

昨日、今日と、良い天気が続いています。

日差しも、強くなってきました。

(夏至を境にして考えると、今の日差しの強さは、8月の終わりから9月の初めくらいと同等、ということになります。)

 

外出の際は、日焼け対策にも気をつけないと、ですね。

 

 

気がつけば、「春」も後半に突入していて、

あっという間に「夏」が来そうです。

 

1日1日を大切に過ごしていきながらも、

「今日の1歩」を、着実に踏みしめていきましょう。

 

毎日の「ルーティン」を、淡々とこなすことは、もちろん大切です。

ですが、それだけではなく、

 

時には、ちょっと特別な学習や、

ちょっと特別な遊びをしてみたり、

 

あるいは、思い切って、ゆっくり休んでみたり、

 

そうやって、ルーティンの中に、不確定の枠を用意することで、日々のメリハリを作っていくことが、

学びへの興味を長続きさせる上でも必要なようです。

 

 

ちなみに、毎日の「ルーティン」にする作業は、ひとつひとつを非常に短時間にするのがオススメです。

 

今では考えられませんが、かつての私は、「完璧主義者」でした。

 

「習慣が人生を作る」ということを考えたら、

極論、「24時間をルーティン化できたら、最大限の積み重ねができるのだから」と、

 

毎日の全てをルーティン化しようとしたことすらあります。

 

 

当然、そううまく毎日が進むはずもなく、

毎日、「できない」という事実を突きつけられ、

気持ちも滅入ってしまいました。

 

完璧を求めると、

たったひとつの「減点」で、もう「ダメ」ですから、

一気にやる気をそがれてしまいがちです。

 

極端な話「朝起きる時刻が少し遅れた」だけで、

その日のリズムを一気に崩しかねません。

 

うまく気持ちを切り替えることができれば良いですが、

場合によっては、朝の時点で、その日1日のやる気を失う、ということも、十分にありえます。

 

朝、目覚めた瞬間から「バツ」で始まる1日というのは、

なかなかのストレスです。

 

そんな、ストレスを抱えながら毎日を送ることを「良し」とするならば問題はありませんが、

私自身は、そうやって毎日自分を「痛めつける」ことは望ましくないな、と感じるようになったことから、

この「完璧」を目指す、ということを手放しました。

 

そして、その代わり、

毎日、習慣化させたいことについては、

「最低限のハードル」を設定して、 

継続することを限りなく簡単にすることで、

着実に、継続のリズムを作っていくことを目指すようになりました。

 

毎日のルーティンの「最低限のハードル」とは、どういうことでしょうか。

基本的には、毎日「ルーティン」で取り組む活動については、

ひとつあたり5分から10分で終えられる活動とすることが理想です。

(集中力や使える時間枠にもよりますが、30分を超えるようだと、毎日の継続にはちょっと長いかなあ、という印象です。)

 

さらに、毎日の継続の「合格」ラインについて、

今、研究中なのが、

「手に取るだけ」あるいは「開くだけ」勉強法というものです。

 

これは、

毎日の継続の最低限のハードルを、

「(教材を)手に取る」だけ、または「(本を)開くだけ」でも達成、というルールにする、という勉強法です。

 

 

少なくとも、「(毎日の習慣を)やったほうがいいな」という意思を持っている大人に関しては、

「取り掛かり」を管理することができるので、

なかなかの、効果を実感しています。

 

 

ただ、

これが、幼児や低学年むけ、となると、

少しアレンジが必要でしょう。

 

 

「触らせるだけ勉強法」という形式で、

あるいはうまくいかないかなあ、などと思ってもいますが、

実際のデータがないため効果は不明です。

 

今後、ゆっくり検証していきたいな、と思っています。

 

 

日々の「ルーティン」は、少なめの時間で完了するレベルに抑えつつ、

残った時間で、「毎日」ではないことを企画していくことが、

 

新鮮な気持ちで、学びを積み重ねていく上でも、大切なように感じています。

 

あえて、「積極的休養」を入れることは、

学習にも効果的かもしれません。

 

お子さまが「やりたい」という学びを取り組めるように、

あらかじめ学びの内容の「ラインナップ」を複数用意しておくのも、良いでしょう。

 

毎日のお勉強、

「マンネリ化」を防ぐためにも、

その日、その日の気分も踏まえつつ、自由に学びを企画してみてください。

 

アドバンスクラス 四ツ谷教室

四ツ谷教室の詳細はこちら

体験教室へのお申し込みはこちら

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。