算数の発展問題は、意外とシンプル。「スマートな解法」を探しましょう。

本日は、高田馬場でのアドバンスクラスでの、発展クラスとお振替クラスでした。

 

少し複雑な問題や、応用問題も、

まずは、「基礎」の力が身についていることが大切です。

 

発展的な問題を、

基本的な問題に変換することができれば、

一気に、問題の理解が進みます。

 

 

たとえば、このような問題があったとします。

問)1、2、3、4、5、6のカードを、Aさん、Bさん、Cさんの3人に2枚ずつ配ったら、2枚のカードの合計は全員同じになりました。Aさんのカードの合計はいくつですか。

 

この問題を、「Aさんのカードは何と何だろう?」と考えてしまうと、答えがハッキリせず、考えこんでしまうかもしれません。

 

そこで、

「Aさんのカードの合計はいくつですか。」

の部分を、

「ひとりあたりのカードの合計はいくつですか。」

と読み替えてみると、どうでしょう。

 

ふたつの質問は、実は同じことを聞いているのです。

ですから、「Aさん」などの個別の情報は無視して、「1人あたりのカード合計」を考えるようにします。

 

 

また、そのカードを、

「1、6」「2、5」「3、4」に分けられるから、ひとりの合計は「7」だ。

と考えても、けっして間違いではないのですが、

 

1、2、3、4、5、6のカードの総計が「21」なのだから、

それを、3人で同じ数ずつ分けることを考えたら、

「21÷3=7」

と、計算だけで処理することができます。

 

 

算数・数学に強くなるポイントは、「いかに、手間をかけずに答えを出すか」です。

 

そして、そのためにも、

「いかに、問題をシンプルに読み替えるか」が大切になってきます。

 

算数の問題を解いていくときに、(心の中で)よく出てくる言葉は、

「つまりは、こういうことだよね」

という言葉です。

 

 

算数の問題を、意味が同じように読み替えながらシンプルに解いた答案を、

「スマートな答案」

などと言いますが、

 

発展的な問題に取り組むときは、

この「スマートな答案」となる解法を探す意識を持つことで、

発展問題も面白いように溶けるようになり、算数が「得意科目」へと変わっていきます。

 

 

もちろん、「スマートな解法」が思いつかないときもあります。

 

その時こそ、普段から鍛えている計算力を活かして、

「力技(ちからわざ)」で、愚直に正答を導き出します。

 

 

かなりの時間をかけて、なんとか答えにたどり着いたような問題に、

一瞬で答えられるような「近道」が存在することを、たくさん経験していくことで、

 

算数の奥深さ、面白さを、どんどん感じていってほしいです。

 

 

日々、算数の基礎力を、着実に身につけていって、

また、「骨のある」問題を、楽しみながら解いていきましょう

 

 

来週も、アドバンスクラス高田馬場教室は、通常クラスが開催されます。

また、生徒の皆さんと一緒に、楽しく学んでいくことを楽しみにしています。

 

 

アドバンスクラス 高田馬場教室

高田馬場教室の詳細はこちら

体験教室へのお申し込みはこちら

学童型 学習教室 「四ツ谷アドバンスクラス」

四ツ谷アドバンスクラスの詳細はこちら

四ツ谷アドバンスクラスへのお申し込み・お問い合わせはこちら

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。