テストの基本の「型」を理解しましょう。

テストには「答え方のルール」があります。

 

日常のコミュニケーションや、仕事上のやりとりなどでも、

「伝え方が大事」と言われることも多いですが、

 

小学生のみなさんが取り組む「テスト」においても、

「答え方」が大切です。

 

 

たとえば、以下のような答え方のルールがあります。

 

算数の文章題

「にんじんが5本(ほん)ありました。3本(ぼん)たべたら、のこりはなん本(ほん)ですか。」

の式は「5−3=2」ですが、

 

答えは、

「2」ではいけません

 

助数詞「本(ほん)」をつけて「2本(ほん)」とする必要があります。

 

 

 

国語の記述問題でも、

たとえば、

「ウサギが足のおそいカメに負けてしまったのはなぜですか。」

という設問に対しては、

 

「とちゅうで、いねむりをしてしまった」

 

では、満点を取ることができません。

 

「なぜ」という「理由」を聞かれているのですから、

 

文末には「から」をつけるようにします。

 

また、記述式の解答の文の終わりには、句点の「。(まる)」をつける必要があります。

 

 

「いちいち、そんなこと気をつけるなんて、めんどくさいなぁ。」

「答えはわかってるんだから、それで正解でいいじゃん。」

 

と、いう気持ちになるのも、わからなくはありません。

 

 

ですが、

自分は、この問題の答えを理解しています。」と伝えるためには、

 

こういった「解答のルール」を踏まえて答えを書く必要があるのです。

 

もしかしたら、それらのルールは、勉強しはじめの人にとっては、あまりなじみがないものかもしれません。

 

ですが、これらのルールは、

どんなテストであっても共通する「基本ルール」であることが多いです。

(もしかしたら、学校の先生によっては「特殊ルール」というものもあるかもしれませんが。)

 

サッカーで、「ゴールキーパー以外は手を使ってボールを触ってはいけない。」というルールがあるのと同じように、

テストにも、正解するための答え方のルールがある、ということなのです。

 

むしろ、

テストで解答する際の「ルール」があるからこそ、

そのルールに沿って、解答の骨組みを考えることができます

 

解答のルールを知っておくことは、

テストの答えを考える、手助けになるのです。

 

 

ひとつひとつの問題に「どう答えたら良いか」を考えつつ、

適切な答え方をしていきましょう。

 

 

ひるがえって、「ものごとの伝え方」を考えたときに、

 

テストにおいて、「どのような答え方をすれば良いか」を考えるのは、

出題者に対して「どう書けば、答えを理解していると受け取ってもらえるか」を考えることにもつながります。

 

テストの「答え方」は、基本的なルールがありますが、

対「人間」への伝え方、というのは、

10人に対しては10通りの「最適な伝え方」というものが存在するはずです。

 

たとえば、お子さまに何かを伝えよう、とした時も、

「伝わりやすい」言葉を選ぶことが大切です。

 

「伝わりやすい言葉」については、

次回のブログで書いていきます。

 

基本的なことだけれど、

大切なことだと、考えています。

 

アドバンスクラス 四ツ谷教室

四ツ谷教室の詳細はこちら

体験教室へのお申し込みはこちら

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。