授業で学習した内容を「その日のうちに」復習するために効果的な2つのタイミング

新しい週がスタートしました。

 

今週は、土曜日に高田馬場でアドバンスクラスがあるので、

その準備も、着々と進めています。

(そして、あさって水曜日は、四ツ谷アドバンスクラスです。)

 

学校によっては、今週で1学期が終わって、夏休みに突入するところもありますね。

学校の授業も、テンポよく進んでいるところだと思いますが、

ひとつひとつ、授業の内容を理解しながら、学習を進めていきましょう。

 

 

授業の内容は、「その日のうちに復習」。しかし、どうやって?

 

学校の授業で学習した内容を、よりしっかりと「理解する」ためには、

学んだ内容について「復習」をすることが大切です。

 

と、このようなことを書けば、

「そんなこと、当たり前じゃないか。」

という声が聞こえてきそうです。

 

おっしゃる通りで、

「復習の大切さ」については、

私が言うまでもなく、さまざまなところで、繰り返し語られている「セオリー」のようなものです。

 

皆さんも、これまでにも、

「復習することの大切さ」について、聞かされてきたかもしれません。

 

 

誰もが聞いていて、知っている「復習」についてですが、

実際のところ、多くの人が、授業を受けてから、その日のうちに復習に取り組めているわけではありません。

 

なぜならば、

学校が終わって、家に帰ってからは、

習い事があったり、

友達と遊ぶ約束をしていたり、

見たいテレビがあったり、

やりたいゲームがあったり……、

 

と、

とにかく、小学生の皆さんも「忙しい」日々を送っています。

 

 

そんなわけで、

学校の授業について、効果的な「復習」ができている人は、むしろ少数派だと言えるかもしれません。

 

では、その「少数派」の人たちは、

帰宅した後、机に向かって、

その日の教科書を開いて、ノートを開いて、

授業の内容について、じっくり「復習の時間」をとっているかと言うと、

けっして、そういうわけではありません。

 

 

「さあ、今から復習するぞ。」と身構えることなく

その日の学習の内容を、さらっと復習する、

そのタイミングと方法について2つ、ご紹介します。

 

 

復習のタイミング①:授業が終わった直後、その時間の学習の内容を、ざっと復習する。

 

まず、復習のタイミングとして最適なのは、

授業が終わろうとする、まさにその時です。

 

授業の終わりがけの数分の時間に、

その時間で学んだ内容を、ざっと「思い返す」ことをします。

 

「この授業では、どんなことを勉強したかな」

と、ついさっき学んだことを「思い出そう」とする意識を持ち、

授業ごとに、それを習慣にするだけでも、

学習の効果は、飛躍的にアップします。

 

勉強が得意な人が、

無意識レベルで、こっそりやっていたりする習慣です。

 

 

 

復習のタイミング②:帰宅後、夕食時の会話でその日の授業の内容を話す。

 

授業当日の復習のタイミングの2つ目は、

夕食時の食卓で、その日にあったことを話す中で、学習内容を復習するということです。

 

もちろん、

「その日にあったこと」は、授業のことに限られません。

 

1時間目から6時間目までの授業の内容を、思い返してお話をしなさい、というのは、むしろ苦痛になりかねませんから、

夕食どきを、その日の「報告の時間」とするわけではないことは、念のため補足しておきます。

 

あくまでも、「楽しい雰囲気の中」がポイントです。

授業の内容に限られない、「その日にあったこと」を話す中でも、

授業であった出来事(それは、「先生がこんなことを言った」「お友達がこんなことをした」という、学習とは直接関係なさそうなことでも)についても、話をして行く機会を設けることが、

気づかぬうちに、「復習」を積み重ねる習慣と、なっていきます。

 

 

食卓での会話は、大切なコミュニケーションの機会です。

 

食卓での会話は、

学習内容の復習だけでなく、

親子のコミュニケーションの場としても、とても重要な役割を持っています。

 

学校で、どんなことがあるかを、気軽に話せる機会があることは、

安心して、学校生活を送ることにもつながるはずです。

 

 

逆に言えば、

夕食時など、できるだけ、食事の時間は家族で合わせることが理想です。

(お仕事の都合で、平日の夜、一緒に食事をとることが難しかったとしたら、せめて週末だけでも、一緒に食事をするようにします。)

 

そして、食事の際は、

その日あったことや、

最近、気になっていることなど、

親子でたくさん、お話をするようにしてください。

 

高級レストランでのコース料理を食べる際や、

(ここ最近は、飲食店全般での外食の際など)

会話をしながら食事をできない場合は、やむなしとして、

ご家庭で食卓を囲む際は、

学習内容の復習だけでなく、

ぜひ、たくさんお話をして(食べ物を口に入れながら喋らないことは、注意が必要ですが)、

親子でコミュニケーションをとっていってください。

 

アドバンスクラス 高田馬場教室

高田馬場教室の詳細はこちら

体験教室へのお申し込みはこちら

学童型 学習教室 「四ツ谷アドバンスクラス」

四ツ谷アドバンスクラスの詳細はこちら

四ツ谷アドバンスクラスへのお申し込み・お問い合わせはこちら

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。