本日のアドバンスクラスの休憩時間では「国語クイズ」に取り組みました。

本日は、四ツ谷にてアドバンスクラスがありました。

 

今日のお教室は、大半の皆さんが、2回目のアドバンスクラスとなる新1年生の皆さんでしたが、

 

90分間の学習に、集中して取り組むことができました。

 

ご参加の皆さん、

本日も、ありがとうございます。

 

 

今日の「国語クイズ」は、完全に先取りの「文法問題」でした。

 

本日あるいは先週、お教室に来られなかった皆さんに向けて、

まずは、ブログにも問題を共有します。

 

 

問)次の文の□に入る「ひらがな」を書きましょう。

①ひまわり□、きいろい はな□ さかせます。

②あさごはん□、ごはん□ みそしる□ たべました。

 

新1年生の皆さんに向けての出題でもあるため、

文字は、すべて「ひらがな」となっています。

 

特に、ひらがなについて書く練習をしている新1年生のみなさんは、

ぜひ、全文をひらがなで書いてみてください。

 

もちろん、書けるところは「漢字」で書いてみても構いません

小学生の皆さんは、

「きいろ」

「はな」

「あさ」

「はん」

「た」べました

あたりを漢字で書けるか、挑戦してみてください。

(ちなみに、「ひまわり」・「さ」かせます・「みそしる」あたりも漢字で書けます。)

 

 

 

 

実際に書いてみることをオススメするのは、

 

「頭でイメージした」というのが、

大まかで、曖昧なイメージだった、ということもあるためです。

 

「この字を書けば良い」とわかっていても、

意外と書けないで困る、ということもあるかもしれません。

 

 

ぜひ、実際に手を動かして書いてみましょう。

 

 

 

あらためて、同じ問題を載せます。

問)次の文の□に入る「ひらがな」を書きましょう。

①ひまわり□、きいろい はな□ さかせます。

②あさごはん□、ごはん□ みそしる□ たべました。

 

 

 

 

 

答えは書けたでしょうか。

 

 

 

今回は、そのまま正解を発表します。

 

正解は、以下の通りです。

①ひまわり「は」、きいろい はな「を」 さかせます。

②あさごはん「に」、ごはん「と」 みそしる「を」 たべました。

 

 

この2問の出題の意図を説明すると、

 

まず①については、「は」「を」を「わ」「お」と間違えないか、を確認する問題でした。

 

もうひとつ、読む時の音と実際の文字が違う助詞としては、

「へ」がありますね。

 

例えば、

たろうくんは おとうさんと いっしょに こうえん「へ」 いきます。

 

「え」と発音するのに、「へ」であるところがポイントです。

 

この、「音と文字が違う」という点は、

国語の勉強を始めたばかりの子にとっては、難しいポイントの一つです。

 

「は」と書いて、「わ」と読むんだよ。

という教えを、全ての「わ」の音に適用してしまい

 

「はたしは、たはしで なべを みがきました。(私は、たわしで鍋を磨きました。)」

のように書いてしまうこともあるからです。

 

こうした「助詞」についての意識をつけるためには、

日常的な会話において、助詞をつけた会話を心がけることや、

定期的に日記やお手紙を書いてみることが効果的です。

 

 

なお、①の問題について、

ひまわり「が」

とした場合も、正解とはなります。

 

ただし、「が」とした時には、その前に、「ひまわりの話」か「黄色い花の話」がなされているようなニュアンスを持ちますね。

 

このあたりを意識して言語化することができるのは、小学校の高学年からでしょうか。

もちろん、低学年でも、助詞の違いに意識を向けてみることは面白いと思います。

 

  

 

次に、②の出題の意図を説明します。

 

この問題においても、「を」が出てきており、この点については①と同様のポイントとなります。

 

ですが②の最大のポイントは、

最初の「に」です。

 

よくある誤答として、

あさごはん「は」

とする場合が、とても多くあります。

 

 

「朝ごはんは、ご飯と味噌汁を食べました。」

 

これだと、何がいけないのでしょうか。

 

この文の間違いに気づいてもらうために、

お教室でも、こんな質問をしました。

 

「朝ごはんを食べたのは誰ですか?」

 

ここには、いろいろな解釈・回答が存在します。

 

「私?」

「お母さん?」

「藤田先生?」

 

お教室でも、いろいろな意見が出ます。

でも、それは全て「正解」となり得ます。

 

なぜならば、この②の文は、

文の「あたま」(=主語)が無い文だからです。

 

日本語の文は、「あたま(主語)」と「あし(述語)」を抜き出したときに、

①「何が(は)」+「どうする」。型

②「何は」+「どんなだ」。型

③「何は」+「何だ」。型

の3つのタイプに分かれます。

 

この分け方はシンプルで、

述語の品詞が、

①が「うごきことば(動詞)」

②が「ようすことば(形容詞・形容動詞)」

③が「なまえことば(名詞)」

であるということで分けられています。

 

 

主語は名詞となるわけですが、

今回のように、主語が省略された文があるのも日本語の特徴です。

「朝ごはんは、ご飯と味噌汁を食べました。」だと、

「朝ごはん」という何者かが、ご飯と味噌汁を食べているという、よくわからない状況が生まれてしまいます。

 

 

では、反対に、

「朝ごはんは、」の書き出しで、同じことを伝えるためには、

その後を、どのようにしたら良いでしょうか。

 

 

 

正解は、

 

朝ごはんは、ご飯と味噌汁「でした」。

 

これだと、③「何は」+「何だ」。型の文として、意味が通じるようになります。

 

 

こうした「主語」と「述語」についての学習について、

アドバンスクラスの1年生向けの「国語」の学習で取り組んでいきますが、

 

こうした「文の骨格」について意識をしていくことは、

後の文章読解の記述問題の際にも重要になってきますし、

さらには、英語などの外国語学習をする際にも役に立ちます。

 

 

日常会話の中でも、

主述の関係が曖昧になった会話をしてしまいがちですが、

 

ぜひ、日常の会話の中でも、

こうした言葉の「言い回し」について意識をしてみてください。

 

お父さま、お母さまがご家庭で使う言葉が、

お子さまの国語力にもつながっていくはずです。

 

アドバンスクラス 四ツ谷教室

四ツ谷教室の詳細はこちら

体験教室へのお申し込みはこちら

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。