桜の観察の「旬」は、今です。

桜の花が、ちらほら咲き始めました。

 

3月も、早くも中旬になり、

道を歩いていると、桜の花が咲きだしているのが目にとまります。

 

まだまだ、満開になるまではもう少し、だから、

 

「まだお花見には早いよね。」

 

と思っている皆様。

 

 

「そもそも、お花見もやりづらいからなあ。」

 

と、思っている皆様。

 

 

いえいえ、決してそうでも、ありません。

 

 

むしろ、

 

今こそ!

 

じっくり、桜の花を見るチャンスです。

 

 

なぜならば、

 

桜が咲く前の「冬芽(ふゆめ・とうが)」が見られるのは、

今だからです。

 

 

桜の冬芽は、

花になる「花芽(かが)」と、

葉っぱになる「葉芽(ようが)」に分かれています。

 

少し、ふっくらしているのが「花芽」

ほっそりしているのが「葉芽」です。

 

 

今、まさに、

そんな冬芽が膨らみ

徐々に、花が咲こうとしています。

 

 

(本日、道端の桜の木の枝先を写真におさめようとしましたが、

スマホのピント調節がうまくいかず、断念しました。)

 

 

今の時代は便利なもので、

「サクラ 冬芽」などと検索してみれば、

豊富な資料を見ることもできます。

ですが、大切なのは、

 

「実際に、自分の目で見てみること」です。

 

 

ゆくゆく「中学受験を」と考えている子は、

 

「冬芽」についても、

小学4年生くらいになったら(好むと好まざるとにかかわらず)理科の学習の中で覚えることになるでしょう。

 

ですが、

それは、あくまでも「机上の学問」というもの。

 

参考書や塾の教材で見て学習するなかでは、

なかなか、覚えるのに難儀することもあるかもしれません。

 

 

かといって、

受験を目指す小学校高学年の皆さんは、

 

もしかしたら、ゆっくり桜の花なんかを眺めているゆとりも、

なくなっているかもしれません。

(「受験生に正月はない」などと言われてしまうのであれば、お花見の時間だって無くても不思議ではありません。)

 

中学校受験の「理社」の学習は、

ひたすら覚えていけば、覚えていくだけ身についてはいくでしょうが、

 

「覚えよう」と意気込んで学習をする前に、

「これって何だろう?」と興味を持っていた経験があれば、

学習内容の理解のスピードも、より早くなるはずです。

 

 

そして、

身の回りの色々なことに興味を持って触れる時間があるのは、

小学校低学年・中学年の時期です。

 

 

桜の花が咲く様子だけでなく、

色々な自然の様子を観察することができるはずです。

 

例えば、 

アゲハ蝶の羽化の様子を観察したり、

 

夏は、蝉の羽化を観察したり、アサガオの1日を観察したり、

 

日中に、日光の影が動いていく様子を確かめたり、

夜に空を見上げて、星が動いている様子を観察したり、

 

じっくり、時間をかけて、眺めてみた経験は、

「テストのための知識」だけでなく、

人生を豊かにする経験にも、なっていくはずです。

 

 

そういった、体験に基づく学びのチャンスを、

 

ぜひ、探してみてください。

 

ひょっとしたら、お父さま、お母さまにとっても、

「新たな体験」をすることができる機会も、

あるかもしれません。

 

アドバンスクラス 四ツ谷教室

四ツ谷教室の詳細はこちら

体験教室へのお申し込みはこちら

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。