ゴールデンウィーク、ご自宅でもできる「まなび は あそび」的な活動

新年度も、あっという間に1ヶ月が過ぎ、

ゴールデンウィークの時期になりました。

 

ただ、「ゴールデンウィーク」とは言っても、

今年も、思いきった遠出をするのが、なかなか難しい状況も、あるかもしれません。

 

楽しみにしていた旅行もキャンセルしなければならず、

さあ連休どうしようか、と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

 

そこで、

私、藤田が考える、

 

幼児〜低学年のご家庭に向けた、

連休中に、ご自宅で取り組めて、

さらに、学習にもつながる「あそび」について、挙げていきます。

 

 

ご自宅の中でできる、学習へとつながる活動

 

①本を読む

最寄りの図書館で、本や図鑑を借りてくるのでも良いでしょう。

 

もちろん、ご自宅にあるものでも、構いません。

 

とくに「図鑑」は、

パラパラと眺めてみることから、

じっくり読んでみることまで、

味わい方の幅も広いです。

 

昆虫図鑑や、動物図鑑などは、

「虫」「動物」という分類から、さらに細分化した分類まで、見ていくことも可能でしょう。

 

また、読書全般について言えるのは、

たくさんの活字を読むことで、

文章を読むことに「慣れて」いくことができる、ということです。

 

読書量が、そのまま読解力に結びつくわけではありませんが、

(なぜならば、文章読解には、また別の技術が必要だからです)

少なくとも、読む経験が国語の読解を下支えする、というのは間違いがないでしょう。

 

 

②ぬり絵

お気に入りのぬり絵を、ぬる。

たったそれだけですが、

運筆力や筆圧などの練習にもなります。

 

せっかくですから、

お父さま、お母さまも含めて、

一緒に取り組んでみるというのもオススメです。

 

大人が本気を出してぬり絵をする、というものも、

普段やらないことだったりすると、刺激的かもしれません。

 

 

③お絵かき

ぬり絵に近いですが、お絵かき(絵画)も立派な知育です。

やはり、親子で一緒に取り組むのがオススメです。

 

お手本を使った「模写」の他に、

お手本を見ない、いわゆる「記憶スケッチ」も、オススメです。

 

ご家族のコミュニケーションもはずむはずです。

ぜひ、楽しみながら取り組んでみてください。

 

 

④パズル・積み木

図形パズルや「タングラム」のようなものでも良いですし、

お気に入りのイラストの「ジグソーパズル」でも構いません。

少し、難しいと感じるようなパズルに、じっくり時間をとって挑戦するのもオススメです。

(思考の体力をつけるトレーニングにもなります。)

 

ジグソーパズルであれば、

300ピースや、500ピース、1000ピースなど、

時間をかけて取り組むものだと、達成感もあるはずです。

 

 

また、アドバンスクラスでも取り組んでいる「つみき」についても、

じっくり時間をとってチャレンジするチャンスです。

 

やはり、楽しみながらチャレンジすることが大切です。

 

 

⑤トランプゲーム

数に対する意識や、ルールなどを記憶する力、

場合の数と確率の学習の下地づくり、

 

さらには、結果が思い通りにならなかった時(「勝負は時の運」という言葉もあります)に、気持ちを前向きに切りかえる力

などが、鍛えられます。

 

たかがゲーム、されどゲームです。

遊びながら、結果的に、学びの土台も作られていきます。

 

 

⑥すごろく、ボードゲーム

オセロゲームや、将棋など、

あるいは、すごろく「人生ゲーム」など、

ご家族で取り組むゲームにも、思考力を高める要素がふんだんに含まれています。

 

算数の発展問題には、

こうしたゲームなどから着想を得ているものもあります。

 

つまり、頭を使いながらこうしたゲームに取り組むことは、

結果的に、算数の学習にも繋がる可能性がある、ということです。

 

 

ちなみに、

先述の「トランプゲーム」も含めてですが、

お子さまと対戦する際の「大人のスタンス」については、

どのようにすべきか意見が分かれるところかと思います。

(つまりは「真剣勝負」をすべきか、手加減をすべきか、という疑問です。)

 

ここについては、ケースバイケース、というところもありますが、

あくまでも、「真剣勝負」を追求するのが、私、個人の価値観です。

 

理由としては、

「遊びも本気」というスタンスが伝わるから

・大人が手を抜くことで、お子さまの思考力が高まらないから

というのが、大まかなところです。

 

もちろん、

大人が、あらゆる手段をつくして子どもに対峙したら、

さすがに、勝負にならないかもしれません。

 

そんな時は、

あらかじめハンデをつけてから、取り組むようにするのがオススメです。

(オセロなら「4隅ハンデ」、将棋なら「飛車角落ち」など、いくつかのハンデがあります。)

 

または、

対戦の際に、

大人の側が、考えている内容を適度に口にすることで「手の内をさらす」のも有効でしょう。

(思考の内容を言語化することは、話す側と聞く側の双方にとって学びとなります。)

 

 

⑦製作・工作

新聞紙や廃材を使った工作や、

ひもやビーズを使ったアクセサリー作りなど、

「何が作れそうかな」とイメージして、作品づくりをしてみましょう。

 

紙を折ったり丸めたりする作業や、

ひもを結んだりすることが、

「手先の巧緻性」を高め、

それ自体が知育になります。

 

また、形をイメージしながら工作をすることは、

自然と、図形学習へと繋がっていく部分も大きいです。

 

親子での、いわゆる「日曜大工」なども良いでしょう。

 

 

いかがでしょうか。

これらの7点は、

いずれも、私自身が、幼少期に実際に取り組んでいた遊びでもあり、

また、振り返った時に、学習にもつながる有意義な時間だった、とも感じているものです。

 

ご自宅で過ごす連休、

ゆったり時間がある時期だからこそ、

ゆっくり、ご家族で遊びに取り組んでみてください。

 

 

そして、明日はアドバンスクラスの四ツ谷教室です。

 

学習の時間は、学習の時間として、もちろん大切です。

 

明日も、お教室で、集中して学習を進めてまいりましょう

 

午後、お教室で楽しみにお待ちしています。

 

アドバンスクラス 四ツ谷教室

四ツ谷教室の詳細はこちら

体験教室へのお申し込みはこちら

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。